本サイトは口コミや評価を元にプロモーションを掲載しランキング付けしています

Oliveと三井住友カードの違いをグレードごとに解説!2枚持ちのメリットや申込方法も紹介

Oliveとは、三井住友銀行が提供している金融サービスを一つにまとめて管理・利用できるサービスです。

日本経済新聞によると、2023年3月にサービスを開始してからわずか半年で会員登録数100万人を突破しました。

右肩上がりに登録者数が伸びているサービスですが、三井住友カードとの違いがわからない方もいらっしゃるでしょう。

そこでこの記事では、Oliveと三井住友カードの違いをグレードごとに解説します。

記事を参考に、Oliveの必要性を確かめてみてください。

この記事でわかること
目次

三井住友カードのOlive(オリーブ)とは?概要を解説

決済機能クレジットモード
デビットモード
ポイント払いモード
還元率0.5%〜20.0%
発行ブランドVisa
カードデザイン(一般)プリズムグレー
パステルグリーン

グリーン
家族カードなし
電子マネー機能Apple Pay

Google Pay

PiTaPa
詳細https://www.smbc-card.com/index.jsp

Oliveとは三井住友銀行が提供している銀行や決済、証券、保険などの金融サービスを一つのアプリでまとめて管理・利用できるサービスです。

上記の表では、Oliveの中でも決済機能を持っている「Oliveフレキシブルペイ」の紹介をしています。

Oliveは楽天経済圏・イオン経済圏など、お金に関するサービスをひとつにまとめたプラットフォームに類似しているものです。

つまり、三井住友銀行のサービスを一つにまとめて売り出しているパッケージプランだと理解しておきましょう。

Olive(オリーブ)でできること

Oliveは三井住友銀行のサービスをまとめていて、一度登録するとさまざまな機能を利用できます。

便利なぶん使い方を理解していないと今までと何も変わらない可能性もあるので、サービス登録後にできることを確認しておきましょう。

入金・出金・支払い

Oliveに登録してOliveフレキシブルペイを利用すれば、決済機能を利用できます。

サービスに登録するとカード1枚でクレジット・デビット・ポイント払いの切り替えが可能なので、これまで以上に決済の幅が広がるでしょう。

支払いモードの切り替えは三井住友銀行のアプリ内で行えます。Olive登録時にアプリはダウンロードしているので、手間はまったくかかりません。

またOliveフレキシブルペイを持っていれば、銀行やATMで現金を出金できます。

カード1枚で入金・出金・支払いすべてを行えるため、機能性に優れていると言えるでしょう。

資産運用

SBI証券の口座を開設している方がOliveに登録すると、資産運用もアプリ上で行えます。

三井住友銀行とSBI証券は提携していて、三井住友銀行アプリ上で口座の残高や損益状況を確認できるのです。

三井住友銀行とSBI証券が提携しているサービス!

同サービスは三井住友銀行とSBI証券が提携して行っています。利用にはSBI証券の口座開設が必要なので、あらかじめ理解しておきましょう。

SBI証券を口座開設してクレカ積立を利用すると、毎月の積立額に応じて0.5%〜5.0%相当のVポイントが貯まります。

つみたてNISAやNISAなどの利用を考えている方は、Oliveの登録とあわせてSBI証券の口座を開設してみてください。

特典の受け取り

Oliveに登録していると、毎月無条件で複数の特典を受け取れます

具体的に受け取れる特典の一部を下記で確認してみましょう。

Oliveで受け取れる特典
  • 定額自動送金の手数料無料
  • SMBCダイレクトの他行あて振込手数料無料
  • 本支店ATMの利用手数料24時間無料

参照:三井住友銀行公式サイト

上記の特典はOliveに登録しているだけで受け取れるため、未登録のまま手数料を支払っていると損にしかなりません。

また毎月選べる特典も用意しているので、下記を参考に必要な特典はないかチェックしてみましょう。

Oliveで受け取れる特典(選択制)
  • 給与・年金受取特典(200Vポイント)
  • コンビニATM利用手数料無料(1回)
  • Vポイントアッププログラム還元率+1.0%
  • 利用特典(100Vポイント)

参照:三井住友銀行公式サイト

このようにOliveに登録すると、毎月さまざまな特典を受け取れます。

手数料を支払いたくない方やVポイントを効率良く貯めたい方は、Oliveに登録してみてください。

Vポイントの管理

Oliveに登録すると、三井住友銀行アプリの中でポイントを管理できます。

景品と交換したりポイントで支払ったりできるため、Vポイントを貯めている方にとってはメリットになるでしょう。

三井住友銀行には「Vポイントアッププログラム」と呼ばれるサービスがあります。決められたサービスを利用すると、カード決済時のポイント還元率が上がる仕組みのプログラムです。

例えばOliveアカウントを登録し、アプリログインをすると、還元率は1.0%上がります。

また「選べる特典」で+1.0%の還元率を選択した場合、この2つの手続きだけで還元率は2.0%上乗せされます。

このようにOliveに登録すると、Vポイントを管理しつつ還元率を高められると理解しておきましょう。

Olive(オリーブ)フレキシブルペイと三井住友カードの違いをグレードごとに紹介

Oliveに登録すると、必ずOliveフレキシブルペイがついてきます。

すでに三井住友カードを持っている方は「どのような違いがあるのかわからない」と考えているのではないでしょうか。

そこで以下では、Oliveフレキシブルペイと三井住友カードの違いをグレードごとに解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

Oliveフレキシブルペイと三井住友カード(NL)の違い

項目Oliveフレキシブルペイ三井住友カード(NL)
決済機能クレジットモード(0.5%)
デビットモード(0.5%)
ポイント払いモード(0.25%)
クレジットカード(0.5%)
発行ブランドVisaVisa
Mastercard
申込対象者日本国内在住の個人のお客さま満18歳以上(高校生は除く)
クレジット利用枠~100万円
学生:~30万円
~100万円
学生:~30万円
年会費永年無料永年無料
家族カード発行なしあり
選べる特典給与・年金受取特典(200Vポイント)
コンビニATM利用手数料無料(1回)
Vポイントアッププログラム還元率+1.0%
利用特典(100Vポイント)
なし


Oliveフレキシブルペイと三井住友カード(NL)の大きな違いは、決済機能の豊富さにあります。

どのグレードでも共通する内容ですが、Oliveフレキシブルペイは3つの決済機能を持っているのに対し、三井住友カード(NL)はクレジット機能しかありません。

三井住友カード(NL)を持っている方でデビットやポイント払いが必要な方は、もう1枚カードを発行する必要があります。

そこでOliveフレキシブルペイを持っていれば、カード1枚持っているだけで3つの決済方法を使い分けられます。

クレジット機能だけでなくデビットやポイント払いも利用したい方は、Oliveフレキシブルペイの発行がおすすめでしょう。

しかしOliveフレキシブルペイはVisaのみの発行で、Mastercardの発行には対応していません。

決済できないときの保険としてMastercardも持っておきたい方は、Oliveフレキシブルペイと三井住友カード(NL)の2枚持ちを検討してみてください。

Oliveフレキシブルペイゴールドと三井住友カード(NL)ゴールドの違い

項目Oliveフレキシブルペイゴールド三井住友カード(NL)ゴールド
決済機能クレジットモード(0.5%)
デビットモード(0.5%)
ポイント払いモード(0.25%)
クレジットカード(0.5%)
発行ブランドVisaVisa
Mastercard
申込対象者日本国内在住の満18歳以上
※クレジットモードは満20歳以上で本人に安定継続収入のある方が対象
満20歳以上で本人に安定継続収入のある方
クレジット利用枠~200万円~200万円
年会費5,500円
※初年度年会費無料
※年間100万円の利用で翌年以降の年会費永年無料
5,500円
※年間100万円の利用で翌年以降の年会費永年無料
家族カード発行なしあり
選べる特典給与・年金受取特典(200Vポイント)
コンビニATM利用手数料無料(1回)
Vポイントアッププログラム還元率+1.0%
利用特典(100Vポイント)
なし

Oliveフレキシブルペイゴールドと三井住友カード(NL)ゴールドの違いは、年会費の仕組みと選べる特典です。

Oliveフレキシブルペイゴールドの年会費は5,500円(税込)ですが、初年度は年会費無料となっています。

一方三井住友カード(NL)ゴールドは通常年会費が5,500円(税込)かかるため、費用面ではOliveフレキシブルペイゴールドが有利と言えるでしょう。

どちらのカードも年間100万円以上利用すれば、翌年以降の年会費が永年無料になります。

またOliveフレキシブルペイゴールドは選べる特典として、VポイントやコンビニATMの利用手数料が無料になる権利を受け取れる点も見逃せません。

この特典はOlive独自のサービスなので、特典を受け取りたい方はOliveアカウントを作成してみてください。

Oliveフレキシブルペイプラチナプリファードと三井住友カード(NL)プラチナプリファードの違い

項目Oliveフレキシブルペイ
プラチナプリファード
三井住友カード(NL)
プラチナプリファード
決済機能クレジットモード(0.5%)
デビットモード(0.5%)
ポイント払いモード(0.25%)
クレジットカード(0.5%)
発行ブランドVisaVisa
申込対象者日本国内在住の満18歳以上
※クレジットモードは満20歳以上で本人に安定継続収入のある方が対象
満20歳以上で本人に安定継続収入のある方
クレジット利用枠~500万円~500万円
年会費33,000円
初年度年会費無料
33,000円
家族カード発行なしあり
選べる特典給与・年金受取特典(200Vポイント)
コンビニATM利用手数料無料(1回)
Vポイントアッププログラム還元率+1.0%
利用特典(100Vポイント)
なし

Oliveフレキシブルペイプラチナプリファードと、三井住友カード(NL)プラチナプリファードの大きな違いは、決済機能と特典です。

どちらのサービスも利用枠や年会費は変わりませんが、決済機能の豊富さと特典の用意はOliveフレキシブルペイプラチナプリファードに軍配が上がります。

Oliveフレキシブルペイプラチナプリファードは3つの決済機能を用意していて、毎月選べる特典も用意しています。

三井住友カード(NL)プラチナプリファードを利用している方は、特典を確認してOliveフレキシブルペイプラチナプリファードの移行も検討してみてください。

Olive(オリーブ)を利用するメリット

Oliveに登録すると、大きく4つのメリットを得られます

三井住友カード(NL)を持っていてOliveにまだ登録できていない方は、自分にとってメリットがあるサービスか確かめてみてください。

カード1枚で3つの支払いモードを選べる

Oliveに登録したときに発行される「Oliveフレキシブルペイ」を活用すると、下記の支払いモードを使い分けられます。

Oliveフレキシブルペイの支払いモード
  • クレジットモード
  • デビットモード
  • ポイント払いモード

機能の切り替えは三井住友銀行アプリからでき、Olive登録時にアプリをインストールしているので新たな手続きは必要ありません

カードを複数枚持たずに3つの支払いモードを選べるのは、大きなメリットと言えるでしょう。

またOliveに登録すると、カード1枚で入金や出金もできるようになります。

キャッシュカードとしての役割も持っているため、これまでのように三井住友銀行のキャッシュカードと三井住友カード(NL)のようなカードの2枚持ちは必要ありません。

各種サービスをアプリでまとめて管理できる

Oliveに登録すると、各種サービスをアプリでまとめて管理できるようになります。

具体的に管理できるサービスは、下記を参考にしてみてください。

Oliveで管理できるサービス
  • 決済機能
  • Vポイント
  • 証券
  • 保険

これまで三井住友銀行アプリでは、口座内の残高とクレジットカードの利用明細などを確認できました。

しかしOliveに登録すると銀行や決済の情報だけでなく、証券・保険などさまざまな金融サービスを一つのアプリでまとめて管理できます

「口座の管理は三井住友銀行アプリ」「証券の情報はSBI証券のアプリ」など、それぞれ管理するプラットフォームを分けていた方は、これまでよりも便利になるでしょう。

無条件で毎月特典を受け取れる

Oliveに登録すると、毎月下記の特典をもらえます。

特典の種類毎月無条件で受け取れる特典毎月選べる特典
内容定額自動送金の手数料無料

SMBCダイレクトの他行あて振込手数料無料

本支店ATMの利用手数料24時間無料
給与・年金受取特典(200Vポイント)
コンビニATM利用手数料無料(1回)
Vポイントアッププログラム還元率+1.0%
利用特典(100Vポイント)

特典には「無条件で受け取れるもの」と「選べるもの」があります。

選べる特典は、自分が利用しているサービスにあわせて選んでみてください。

なお上記の特典は、Oliveに登録せず三井住友カード(NL)を利用しているだけでは受け取れません

Olive加入者独自のサービスなので、大きなメリットだと言えるでしょう。

最高20.0%の還元率がある

Oliveに登録して「Vポイントアップ」を活用すると、最高還元率は20.0%になります。

VポイントアッププログラムにはOliveに登録が条件になっている特典もあるため、還元率を高めたい方にとってはメリットになるでしょう。

Oliveに登録したら受け取れるVポイントアッププログラム
  • アプリログイン(+1.0%)
  • 選べる特典(+1.0%)
  • SMBCモビット(+1.0%)

参照元:Vポイントアッププログラム

上記のプログラムとあわせて、対象の飲食店での利用・家族ポイント・Vポイントアッププログラムを掛け合わせると、最高20.0%還元になります。

ポイント還元率を高めたい方は、Oliveに登録してVポイントアッププログラムを活用してみてください。

Olive(オリーブ)を利用するデメリット

利便性の高いOliveですが、金融サービスである以上デメリットもあります。

登録前にデメリットも確認し、利用すべきサービスなのかチェックしてみてください。

国際ブランドはVisaのみ

Oliveフレキシブルペイで発行できる国際ブランドは、 Visaのみです。

国際ブランドを複数社から選びたい方にとって、発行できるブランドの少なさはデメリットになるでしょう。

Mastercardなど他ブランドを持ちたい方は、三井住友カード(NL)との2枚持ちがおすすめです。

Mastercardを発行したい方は三井住友カード(NL)との2枚持ち、その他のブランドを持ちたい方は他社カードを発行してみてください。

5つのサービスに申し込む必要がある

Oliveは、5つのサービスに登録する必要があります。

Oliveで登録するサービス
  • Oliveフレキシブルペイ
  • SMBC ID
  • SMBCダイレクト
  • 普通預金
  • Web通帳

これまで三井住友銀行での取引がまったくなかった方は、登録に時間がかかるでしょう。

なお、普段から三井住友銀行アプリを利用している方は、Oliveフレキシブルペイの発行のみで済みます

登録方法も解説しているので、あわせて参考にしてみてください。

家族カードの発行は対応していない

Olive内のサービスであるOliveフレキシブルペイでは、家族カードの発行には対応していません

子供や配偶者にカードを渡したいときは、Oliveフレキシブルペイではできないので理解しておきましょう。

家族カードが必要なら三井住友カード(NL)との2枚持ちがおすすめです。

三井住友カード(NL)で家族カードを発行し、通常の決済はOliveフレキシブルペイで行ってみてください。

三井住友カードからOliveに切り替えはできない!新規申込が必要

三井住友カードを持っている方でも、Oliveに切り替えはできません。

あくまでも切り替えではなく、Oliveフレキシブルペイの新規申込が必要だと理解しておきましょう。

三井住友カードを持っている方は、Oliveと既存のカードの2枚持ちになります。不要であれば既存のカードを解約しても構いません。

しかしOliveはVisaのみの発行かつ家族カードの発行非対応なので、三井住友カードから切り替えても解約せずに持っていたほうが選択肢は広がります。

特にOlive登録前から持っている三井住友カードがMastercardの方は、切り替えたあとも解約せずに持ち続けると良いでしょう。

三井住友カード(NL)は解約せずにOliveと2枚持ちがおすすめ!

すでに三井住友カードを持っている方は、Oliveフレキシブルペイを発行しても解約せず「2枚持ち」がおすすめです。

しかし、どのようなメリットがあるかわからない方もいらっしゃるでしょう。

以下でOliveフレキシブルペイと三井住友カードを2枚持ちするメリットを紹介するので、参考にしてみてください。

三井住友カード(NL)がMastercardなら補完になる

もともと持っている三井住友カード(NL)がMastercardなら、Oliveフレキシブルペイの補完になります。

OliveフレキシブルペイがVisaのみの発行なので、万が一Visaで決済できない店舗があったときに補完しあえるでしょう。

例えば会員制倉庫型スーパーの「コストコ」は、Mastercardしか対応していません。

Oliveフレキシブルペイでは決済できないため、Mastercardで発行した三井住友カードがあると補完しあえます。

家族カードを発行できる

三井住友カード(NL)を持っていれば、家族カードを発行できます。

Oliveフレキシブルペイは家族カードを発行できず、Oliveに登録した際に持っていたカードを解約してしまうと配偶者や子供は新規発行しなければなりません

三井住友カード(NL)があれば、将来家族カードが必要になったときにすぐ発行できます。

三井住友カード(NL)は、グレードアップしていなければ年会費はかかりません。

現段階で不必要でも、念のため保管しておくと安心です。

利用シーンにあわせて使い分けられる

三井住友カード(NL)とOliveフレキシブルペイを2枚持ちすると、利用シーンにあわせて使い分けられます。

例えば生活費は三井住友カード(NL)、娯楽費はOliveフレキシブルペイなどのように分けられるため、どこにいくら使ったのか一目でわかるでしょう。

ていねいに家計をつけたい方は、2枚持ちを検討してみてください。

Oliveアカウントの申込方法をパターン別に解説

Oliveアカウントの申込方法は、三井住友銀行の口座を持っているパターンと持っていないパターンで異なります。

それぞれのパターン別に申込方法を紹介するので、参考にしてみてください。

三井住友銀行の口座を持っているパターン

すでに三井住友銀行の口座を持っている方は、下記4つの手順で申し込みます。

順番に確認し、手順通りにOliveアカウントを作成してみてください。

1.三井住友銀行アプリをダウンロード

まずはスマートフォンからアプリをダウンロードしましょう。

アプリサイトから「三井住友銀行アプリ」と検索すれば緑色のアイコンのアプリが出てきます。

すでにダウンロードしている方は、こちらの手順をスキップして2番に進んでください。

2.アプリにログインまたはSMBC ID発行

アプリをインストールできたら、ログインします。

初回ダウンロードの方は、SMBC IDを発行しましょう。

SMBC IDの発行には、メールアドレスが必要です。アプリログイン後「メニュー」より「メールアドレス」をタップし「SMBC IDを登録する」を選択してください。

メールアドレスを入力したら認証コードが発行されるので、そちらを入力してパスワードを設定したらSMBC IDの登録完了です。

カードの申込手続きもこのタイミングで行います。

3.「Oliveアカウントに切替」を選択

SMBC IDを発行したら、Oliveアカウントに切り替えていきます。

アプリ内の「Oliveアカウントに切替」を選択して、アカウントランクなどのサービスを選びましょう。

その後個人情報を入力し、Oliveフレキシブルペイの支払いモードを選択します。

支払いモードはあとからでも選択できるので、現段階で一番使いたい決済方法を選択してください。

4.カード到着

手順2でカードを申し込んでから、約1週間後にカードが到着します。

券面には口座番号やカード番号は記載されていません。

Oliveフレキシブルペイのカードについている台紙とアプリで確認できるので、チェックする方法を忘れないでください。

三井住友銀行の口座を持っていないパターン

三井住友銀行の口座を持っていない方は、下記のステップでOliveアカウントを申し込みます。

順を追って解説するので、参考にしてみてください。

1.三井住友銀行アプリをダウンロード

まずはスマートフォンで「三井住友銀行アプリ」をダウンロードします。

スマートフォンのアプリサイトまたは三井住友銀行の公式サイトから、アプリをダウンロードしてください。

2.アプリで申し込み

アプリをダウンロードしたら、口座開設とカード申し込みの手続きを行います。

事前に本人確認書類(運転免許証・マイナンバーカード・パスポート)を用意しておきましょう。

アプリのトップページから「Oliveアカウントを申し込む」を選択します。

そのご案内に従ってカードのランクを選択し、個人情報を入力してください。

SMS認証までできたら、このステップは完了です。

3.初回登録

登録したメールアドレス宛に「カード発行通知メール」が届いたら、初回登録手続きを行いましょう。

初回登録のステップに進むまでに、3営業日程度かかります。

SMBC IDでログインし、すぐに使いたい支払いモードを選択してください。

全3つの支払いモードがあり、それぞれあとからでも登録できます。

4.カード到着

申し込みから1週間程度でカードが到着します。

カード台紙に口座番号やカード番号が記載されているので、必ず保管してください。

Olive(オリーブ)のキャンペーン情報!お得に申し込もう

2023年12月現在、Oliveは2つのキャンペーンを実施しています。

申込前に自分が該当しているキャンペーンはないか確かめてみてください。

初年度年会費無料プラン

Oliveフレキシブルペイ ゴールド・プラチナプリファードを申し込むと、初年度の年会費が無料になります。

ゴールドの場合は5,500円、プラチナプリファードは33,000円の年会費が一切かかりません。

申込期間は2023年3月1日からはじまっていて、終了時期は未定です。

予告なく終了する可能性もあるので、上位ランクを申し込む方は早く手続きをはじめてください。

学生限定!新規入会で1,000円相当のVポイントプレゼントキャンペーン

三井住友銀行では、学生限定で対象期間中にカードを申し込んだ方に対して1,000円相当のVポイントをプレゼントしています。

申込対象のカードは、三井住友カード(NL)、Oliveフレキシブルペイ(クレジットモード)です。

申込期間は2023年10月19日から12月28日までとなっています。

期限が迫っているので、Oliveフレキシブルペイの利用を考えている方は早めに申し込んでください。

Olive(オリーブ)と三井住友カードの違いについてよくある質問

Olive(オリーブ)と三井住友カードの違いについてよくある質問をまとめました。

Olive(オリーブ)と三井住友カードの違いについてよくある質問
三井住友カードとOlive(オリーブ)どっちがお得?

三井住友カードをメインで使っているなら、Oliveを開設したほうがお得です。ポイントアップキャンペーンや金融サービスの管理を一括でできるので、ポイント面でも時間節約の面でもお得になります。

Olive(オリーブ)のクレジットモードとは?

クレジットモードとは、3つある決済サービスのうちの一つです。クレジットカードと同じ機能で、設定するとカード・スマホから決済できます。

三井住友カードとOlive(オリーブ)の違いを理解してうまく使い分けましょう

三井住友カードとOliveフレキシブルペイは、同じ会社が提供しているサービスでも内容は大きく異なります

クレジット・デビット・ポイントを1枚のカードで利用したいなら、Oliveフレキシブルペイの申し込みがおすすめです。

すでに三井住友カードを持っている方は、新たにOliveフレキシブルペイを新規発行する形になります。

メリット・デメリットを確認して、必要な方はアプリからOliveアカウントを発行してみてください。

目次