COMPANY会社概要

内部統制システム構築に関する基本方針

取締役および使用人の職務の執行が法令および定款に適合することを確保するための体制
  • コンプライアンス規程において、コンプライアンスの方針・体制・運営方法などを定め、日常の業務遂行において関係法令を遵守し業務を遂行する体制を構築しております。
  • 代表取締役直轄の担当者が内部監査を行い、職務執行の法令・定款及び各種規程等の遵守状況を監査し、適宜問題点の指摘及び改善案の提案を行うことで、内部統制の実効性を高めております。
  • 取締役の職務執行を監督する取締役会及び監査する権限を持つ監査役会を設置し、取締役の職務の執行について厳正な監視を行うことにより、取締役の職務の執行が法令、定款及び社内規程に適合することを確保しております。
  • 市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力及び団体とは決して関わりを持たず、不当な要求に対しては弁護士や警察等とも連携し毅然とした姿勢で対応しております。
取締役の職務の執行にかかる情報の保存および管理に関する体制
取締役の職務の執行にかかる情報は、文書管理規程の定めの他、法令・款等に従い適切に保管・管理する体制を構築しております。また、取締役及び監査役から要請があった場合は適時閲覧可能な状態を維持しております。
損失の危機の管理に関する規程その他の体制 
損失の危機の管理に関する体制は、社内外の情報が集まる経営会議において、リスクの認識・評価・予防策・対応策の検討及び実施を行なっております。また、必要に応じて各部門の担当者を経営会議に出席させ、リスクの識別と評価に関して報告が実施されており、適宜リスクを把握し損失の危機管理が出来る体制を整えております。
取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制
取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するため、原則毎月1回取締役会の開催及び必要に応じて臨時取締役会を開催することにより、業務執行に関わる意思決定を行っております。業務執行に関しては、取締役会規程、組織規程、職務権限規程等の規程により権限と責任を定めており、必要に応じて随時見直しを行なっております。
監査役の職務を補助すべき使用人を置くことに関する事項
監査役会又は監査役の求めに応じて、その職務の執行を補助する使用人を配置しております。当該使用人の人事異動、評価等に関しては監査役会の意見を尊重するものとします。なお、監査役の業務を補助すべき使用人に対する指揮権は、監査役が指定する補助すべき期間中は取締役の指揮命令は受けないものとし、監査役会又は監査役に委譲されるものとします。
取締役および使用人が監査役に報告をするための体制その他の監査役への報告に関する体制および監査役の監査が実効的に行われることを確保するための体制
監査役は、取締役会・経営会議等に出席し重要事項等の報告を受けております。
また、内部通報規程において、法令・規程等の違反やそれに準ずる行為があった場合に監査役に対し相談通報できる制度を定め、監査が実効的に行なわれるための体制を整えております。
財務報告の信頼性を確保するための体制 
内部統制基本方針書において、金融商品取引法及びその他関係法令に従い、財務報告の信頼性を確保するために必要な水準の内部統制の体制を整備・運用することを定めております。その仕組みが有効かつ適正に機能することを代表取締役直轄の内部監査担当が定期的・継続的に評価し必要な是正を行う体制を整えております。